ひかりTVブックのクーポン2016年12月

ひかりTV公式電子書籍ストア【ひかりTVブック】

株式会社NTTぷららが運営するひかりTVブックは国内最大級の電子書籍(コミック・文芸・写真集など)サイトです。

幅広いジャンルを販売中で、PC・スマホ・タブレットからいつでもどこでも本を読むことができます。

この記事ではひかりTVブックのクーポン情報(クーポンコード)を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひかりTVブックのクーポン情報

350円引きクーポン(2016年11月30日10:59まで)

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8atv%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3

新規会員ならもれなく、また既存会員でもまだひかりTVブックで購入したことがなければエントリーで350円引きクーポンがもらえます。

クーポン獲得までのステップは以下の通りです。

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8atv%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%ef%bc%92

メール送信時点で商品購入した場合はキャンペーン対象外になるのでお気を付けください。

⇒350円オフクーポンの詳細はこちら

WEB上で公開されている期間限定クーポン

有効期限の短い期間限定クーポンはひかりTVブックのトップページにドカーンと乗っていることが多いです。

入れ替わり立ち代わりいろんなクーポンが短期間で変わります。

こちらのクーポンは大体クーポンコードを入力するタイプ。

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8atv%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%ef%bc%93

数字とアルファベットのクーポンコードがこんな感じで掲載されているので、クーポンコードをコピーして使って下さい。

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8atv%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%ef%bc%94

ひかりTVブックトップページをチェック

メルマガ読者限定クーポン

ひかりTVブックはメルマガ読者限定のクーポンを出す事もあります。

例えばこんな感じ。

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8atv%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%ef%bc%95

メルマガはクーポン情報だけでなく、特定作品が無料になる情報や大量ポイントキャンペーンやセール情報も一緒に配信してくれるので、ひかりTVブックを頻繁に使う方は登録しておいて方がお得です。
⇒ひかりTVブックのメルマガ登録の方法はこちら

その他

ぷららポイントを利用してお得にひかりTVブックを利用しましょう(クーポンと併用可能)

ぷららポイントとは、ひかりTV会員なら誰でも利用できるポイントサービスです。

ひかりTVのオプションビデオやプレミアムチャンネルから、ひかりTVショッピング、ブック、ミュージック、ゲームなどのオプションサービスにも共通して利用できます。

%e3%81%b2%e3%81%8b%e3%82%8atv%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%83%b3%ef%bc%96

ひかりTVブックでは、よくこのぷららポイント大量獲得キャンペーンをしています。

是非キャンペーンを利用してぷららポイント大量獲得を狙ってください。

なお、このぷららポイントはクーポンとも併用できます。

無料で読める作品がワンサカあります

ひかりTVブックには、無料で読める作品がワンサカあります。

さすがに全巻読むことはできませんが、私はドラマの原作になったような漫画を1巻だけ読んだりします。

結構楽しめますよ~

⇒無料で読める作品はこちら

ひかりTVブックには月額プランもあります

毎月大量に漫画や雑誌を読む方は月額プランに入会したほうがお得な場合もあります。

こちらの月額プランに登録すると支払い金額に上乗せしてブックポイントがもらえます。このポイントもクーポンとの併用が可能です。

こちらのサービスは文字で説明してもなかなかイメージできないと思うので公式サイトの説明を参考にしてください。

⇒ひかりTVブック月額プラン詳細はこちら

ひかりTVブックのクーポンまとめ

ひかりTVブックは常時いろんなクーポンを出しています。

もともと紙の書籍よりも電子書籍の方が安く、さらにクーポンやポイントを使えるので書店で本を買うよりもだいぶ安くなります。

私は電子書籍を利用するようになってから本屋さんは立ち読みをする場所になってしまいました。

本屋がどんどん潰れるわけですね(;’∀’)

ただ、そういった競争の中で本屋にしかできないサービスなどを生み出して共存していってほしいですね。

ひかりTV公式電子書籍ストアひかりTVブックはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク